【例文】インターンシップ後のお礼メールは必要?書き方とマナー

3年生の夏から冬まで、多くの企業がインターンシップを行いますが、

「気になっていた職種のことがよく分かった」

「参加した企業に入社したい」

と様々な感想を持つと思いますが、大切なことを忘れないようにしましょう。

この記事では、インターンシップ後にお礼メールをする重要性と内容を解説します。

インターンシップ後にお礼メールをする理由

忙しい中参加させてくれた感謝の気持ちを伝える

企業では、通常業務の合間に、「わざわざ」時間を割いてくれて学生のために、会社や職業体験をさせてくれたので、お礼をすることは最低限のマナーと考えましょう。

採用担当者や受け入れ先の各部署も、参加した学生の反応は気になるものです。

学生に好評だったら、来年も頑張ろう

と思ってくれますが、メールが来なかったら、良かったのか悪かったのかも判断できなくなってしまいます。

採用担当者に良い印象を与える

インターンシップに参加することで、面接では分からない「その学生の良さ・悪さ」を知ることができます。

このため、採用担当者や受け入れ先の各部署の人たちも、たった数日のインターンシップでも、

  • この学生は良かった
  • 彼なら採用しても大丈夫だ

と参加した学生に対する評価が付けられてしまいます。

さらに、インターンシップ後に「しっかりとした内容のお礼メール」が届けば、好印象でインターンシップを終えることができます。

その後のことは想像の通り、あなたに不利にことは何一つありません。

お礼メールの書き方

インターンシップマナー

お礼メールは翌日までに送ること

お礼メールは、インターンシップの最終日に送られればベストなので、参加した疲れもあると思いますが、夜寝るまでに頑張って送りましょう。

また、インターンシップ後に懇親会などがあり、夜送ることができなかったら、翌日には必ず送るようにして、それ以上遅れることがないように注意しましょう。

遅くなったらお詫びを添えること

もし、お礼メールが翌々日以降になってしまったら、お詫びを入れることを忘れないようにします。

会社に入社後も、連絡などが遅くなったら、「ひと言詫びる」ことがマナーですので、しっかり詫びることで、逆に「礼儀をわきまえている」とプラスになることもあります。

もちろん、遅れたこと自体がマイナス評価になるので、翌日までに送信することが第一です。

メールに記載する内容は?

お礼メールは何を書けば悩んでしまいますが、「ありがとうございました」だけでは、「子どものお礼」と変わりません。

大学生ともなれば、お礼プラスアルファが必要ですので、次の内容を自分の言葉で書きましょう。

  • 企業へのお礼
  • 参加したことで変わったこと・得たもの
  • 経験を今後どう活かすか

お礼メール(例文)

メールには、お礼の気持ちを前半と後半に、2か所は入れるように文章を組み立てましょう。

インターンシップのお礼メール(例文)

件名:インターンシップのお礼(就活大学○○学部 就活キット)

本文:〇〇株式会社
人事部人事課 △△様

お世話になっております。

本日のインターンシップに参加させていただきました、就活大学○○学部 就活キットです。

この度は、業務のお忙しい中、〇〇の実務を勉強させていただきありがとうございました。

短期間ではありましたが、学校の授業では分からない〇〇実務の真の姿を知ることができ、職業意識がより深いものとなりました。また、チームの目標や周囲への気遣いなど、チーム一体とならなければ、ひとつのモノを完成されないということや、働く厳しさを学ぶことができ、大変貴重で有意義な経験をありがとうございました。

また、休憩時間に就職活動の不安についてアドバイスも頂戴し、気持ちが楽になりました。
今後ともご指導ご鞭撻のほどよろしくお願い申し上げます。

末筆ながら、貴社の益々のご発展をお祈り申し上げます。

—–(署名始まり)—–
所属:就活大学○○学部(△△専攻)
氏名:就活キット
電話:03-3000-1234
メール:kit@xxx.jp
—–(署名終わり)—–

まとめ

いかがでしたか。

お礼メール自体は、形式的・儀礼的な意味合いもありますが、この「最低限のマナー」をわきまえたメールができないと、

「参加中は良かったが、マナーがいまいち」

と最後に残念な印象になりますので、注意しましょう。