【マナー】求人への応募電話方法と応対例を解説

求人に電話したり、会社訪問の連絡をしたり、就活生も企業に電話をすることが多いと思います。

「電話は慣れ」とは言っても、何度かけても緊張したり、頭が真っ白になったり・・・

この記事では、求人への応募電話のかけかたとマナーについて解説します。

求人への応募の前に準備物の確認

求人へ応募は、友達にかけるように気軽に行ってはいけません。

求人先の企業は仕事中なので、要件を整理して端的に伝えなければ、

忙しいのに迷惑な人

と悪い印象を与えてしまいます。

特に、面接日を決める時にスケジュール帳を出していなくて、

「ちょっと待ってください・・・」

と手帳を出したりするようでは失格で、しっかりと準備してから行うことがマナーです。

応募前の準備物は3つ

応募電話準備

次の3つを準備してから電話を掛けます。

  • 求人票
  • メモ帳・ペン
  • スケジュール帳

あと、うるさい場所から電話をかけることもマナー違反ですから、部屋の中など「静かな場所」に移動してから電話をしましょう!

電話のかけ方

では、本題の電話のかけ方を例文付きで紹介しますので、スラスラ言えるように練習しておきましょう。

1.電話をかける

声は、「男性は高め」「女性は低め」を意識して、大きい声で元気よく話します。

>電話のかけ方(担当者に取り次いでもらう)

「お忙しい中失礼いたします。わたくし就活キットと申します。○○サイトの求人情報を拝見してお電話いたしました。採用ご担当者様に、お取次ぎ願えますでしょうか?」

不在の場合

採用担当者が不在の場合は、戻る時間を聞いて改めて電話するか、電話に出てくれた人に要件を伝えるか、相手の応答内容により使い分けます。

>不在の場合(改める時)

(電話口の相手):ただ今、○○は席を外しておりますが。

「何時頃にお戻りになりますでしょうか?改めて電話差し上げたいのですが。」

>不在の場合(要件を伝える時)

(電話口の相手):ただ今、○○は席を外しております。お差し支えなければ、ご用件を伺ってもよろしいでしょうか?

「企画職の求人を拝見いたしまして、ぜひとも御社の面接を受けさせて頂きたいと思い、お電話差し上げました。」

2.要件を話す

採用担当者に代わったら、再度名前を言ってから要件を伝えます。

>電話のかけ方(要件を伝える)

「お忙しい中失礼いたします。わたくし就活キットと申します。○○サイトの求人情報を拝見してお電話いたしました。

企画職の求人を拝見いたしまして、ぜひとも御社の面接を受けさせて頂きたいと思います。応募はまだ受け付けていらっしゃいますでしょうか?」

(採用担当者):都合の良い日時はありますか?

「〇日以外なら大丈夫です」または、「〇日と〇日でお願いできれば、ありがたいですが」

(採用担当者):〇日の△時にでいかがでしょう?

「はい、〇日の△時ですね。承知しました。」

3.電話を切る

電話を切る時は、相手に感謝の気持ちを伝えてから切ります。

この時、相手が電話を切ってから切るようにしますが、相手もこちらが切るのを待っている事もあるので、その時は3秒後に切りましょう。

>電話の切り方

「お忙しい中ありがとうございました。それでは失礼いたします。」

(相手が電話を切ってから切ること)

まとめ

いかがでしたか。

電話応対は、例文を覚えて応用できるようにしておけば、難しいことはありません。

電話マナーをマスターすることで、電話応対が下手な応募者に差を付けることができますので、採用担当者に良いイメージを持ってもらえるようにしましょう。

なお、電話連絡で面接が決まった時のために、次の記事で面接の流れを確認しておきましょう。